ホワイトニングに研磨剤なしはある?

ホワイトニングに研磨剤なしはある?

オフィスホワイトニングとは歯科医院を始めとした専門のクリニックで行うホワイトニング法のことで、自宅で行うホームホワイトニングとは対の施術となります。まず歯をクリーニングしてから高濃度のホワイトニング剤を塗布し、レーザーやハロゲンライトなどを照射してホワイトニング剤を活性化させることで歯の中の色素を分解します。審美歯科の範囲に入るため保険適用外となり、歯科によって使用する薬剤や器具、技術などに差があります。オフィスホワイトニングのメリットとしては、クリーニングを行ったあとに施術をするので歯を綺麗にしやすい、専門家に任せるので手間がかからない、高濃度のホワイトニング剤を使用しているので即効性があり、その日のうちに実感しやすく数回の来院で完了できるというものがあります。特に即効性には目を見張るものがあり、当日の施術で実感できるので、急いで歯を白くしたいという人には便利かもしれません。対するデメリットとしては即効性がある分だけ日持ちがしないという傾向にあり、着色の度合いによって違いはありますが、オフィスホワイトニングの持続する期間は平均して3〜6ヶ月ほどと言われます。ホームホワイトニングでは1〜2年は保つと言われているので、大幅に下回っているのが分かります。そのため、定期的なメンテナンスが必要で、歯の透明感が失われた場合は再びホワイトニングを行う必要が出て来ます。また、施術に使用するのはレーザーなどの最先端技術となるため、費用も高額になりやすいという問題もあります。